お金持ちになる方法確かにあります

お金をもうけることは非常に簡単です。

 

なぜならば、アルバイトをすれば住んでいる地域の最低賃金のお仕事にすぐにありつけることができるからです。

 

しかし、それ以上のお金を稼ぐにはそれなりの人しか稼ぐことができません。

 

ですから、多くの人はより多くのお金を稼ぐために義務教育を終了した後も上の学校へ進学してよりいい仕事に就くために特に勉強が好きでなくても勉強します。

 

そして、誰もが安定したよりいい仕事を得るためにそこで競争し、その競争に勝つことのできた一握りの人たちが恵まれた環境で仕事をし安定した生活ができるのです。

 

日本の新卒一括採用ではそこでいかに安定した仕事に就けるかどうかでその人の生涯賃金が決まってしまいます。

 

しかし、お金を得る方法は会社からの賃金だけではありません。

 

特に何の才能もない人でも株式投資では財産作ることも可能なのです。

 

株式投資とは所詮は安い時に株を購入してそれを株価がバルブを起こした時にそれを売却すれば誰でももうけることができる世界なのです。

 

ですから、お金持ちになりたいと思ったのならば、世界が不景気になってしまった時にお金を株式に突っ込まなければならないのです。

 

しかし、いきなりこのようなことを人から言われてもそれを信じられる人というのはどのくらいいるのでしょうか。

 

ですから、事前にそのような場面を何度の何度も繰り返し自分自身でシミュレーションをしてそのときがやってきたなのならば投資を始められるようにしなければならないのです。

 

その時に軍資金としてお金借りることもありかもしれません。

 

そうすればだれでもお金持ちになることができるのですから。

不労所得を得る構築システム

副業をする中で、片手間で作業を行ってすると毎月の金額なども仕事をしたらそれだけ対価を受け取る事が出来ます。

 

しかしそれは時間も取られて毎月安定性を持って行っていけるかそこにかかります。

 

そこで誰もが考える不労所得を構築出来るシステムがあれば、それはとても素晴らしい副業となります。

 

簡単に言えば不動産収入は、投資金額が必要ですが物件を購入して人に貸すまでの過程を、業者を雇って不動産管理を行ってもらったり空き家となれば賃貸で住んでもらえる人を探すなどほとんどオールマイティーに任せることが出来ます。

 

例えば家賃を支払わない人が居住する人にいれば、それも管理会社が一手に引き受けて入金の保証をしたりそこもちゃんと回収してもらえるのであれば、やはり不労所得としては最適なものとなります。

 

その他の投資も不労所得として考えられるものもありますが、例えば投資信託は銀行が管理する証券で、世界の株を運用するプロのとレーダーがそれぞれ預けたお金を運用してそこで利益を与えます。

 

しかし元本割れとなるケースも発生しますし、リーマンショックの様に下落が世界的に起こってしまえば、当然そこで投資信託やFXや株式は安定性に欠いてしまいます。

 

中には稼いでいる人も居ますが、とても危険な状況と言えます。

 

不労所得で言えば近年ソーシャルレンディングと言うものがあります。

 

これはインターネットでお金を一般人から募りそこで不動産業者などにお金を貸して金利を得ます。
即日融資でお金を借りることに近いかもしれませんね。
新しい不労所得の構築のスタイルです。